kazuyan’s diary

50歳を超えてから大型二輪の免許を取得し無謀にも1年でGSに乗り換えたおじさんの旅日記

ニッポンの灯台を巡る旅① 江埼灯台(淡路島)

 皆さん、お久しぶりです。いかがお過ごしでしょうか。

 

 大阪市内在住の小生は、こんな状況でどこにも旅に出れず、ブログネタ、動画ネタがない中、大人しくstay homeしております。

 

 せっかく予定していた今年のツーリングテーマ「ニッポンの灯台を巡る旅」もしばらくお預けだなーって思って、状況が改善するまで、家の周りを散歩したり、ジョキングをまた始めたりとしております。

 

 今日は、朝から雨予報、外に出る気がしないので、旅に出れない鬱憤を晴らすため、ブログでも書くかっと、ログインしたら、そうだ、3月に1つだけ灯台を巡ってきたことをブログにしてなかったことに気づきました。

 

 と言う訳で、第一回ニッポンの灯台を巡る旅がスタートしてました。

f:id:kazuyan55:20210413121223j:plain

 記念すべき第一回は去る3月19日、淡路島に行く用事があり、行程的にも結構余裕があったので、淡路島にある江埼灯台を巡ってきました。

 

 3月にしては結構温かい日、完全春装備で阪神高速天王寺から乗りました。案の定阪神高速深江~生田川は渋滞、でもそんなにエグくはなかった。反対方向の方がエグかった。(帰りまでその渋滞が続いてたようで、帰りは須磨の料金所からずっと渋滞)

 

 明石大橋の風も大したことなく、淡路島到着、ナビによると灯台は最初の淡路ICで下りて、西の方(明石大橋に戻る感じ)へ、この辺りは明石大橋の眺めが抜群です。

f:id:kazuyan55:20210413120131j:plain

 

 橋を通り越してしばらく行くと左側に広い駐車場が出現、なにやら灯台のオブジェのようなものも発見、しかしナビではまだ少し先のよう、江埼灯台の標識も発見、確かに↑っとなっていた。

f:id:kazuyan55:20210413121025j:plain

 ナビの指示のまま直進していくと、細い道を少し内陸に入ったあたりに目的地も表記でも付近には何もない。仕方なく先程の駐車場に行ってみようとUターン(この細い道でのUターンが大変でした)して戻っていると、灯台の標識のあった上あたりに、灯台らしき白い建造物がありました。↑の意味は「先」ではなく「上」だったんですね。

 と言う訳で、先程の駐車場にバイクを停めて、灯台へ向かいます。

f:id:kazuyan55:20210413122456j:plain

 

 駐車場、灯台のモニュメント、トイレの横に長い石段の階段がありました。

f:id:kazuyan55:20210413122633j:plain

 200段以上、登るのをちょっと躊躇するくらいの長い階段です。灯台を巡るにはこんなロケーションが多いんだろうなーって気がして、ガンバって登りました。

 登った先には見事な灯台、江埼灯台が出現しました。

f:id:kazuyan55:20210413114506j:plain

ってな訳で、第1回ニッポンの灯台を巡る旅は淡路島にある江埼灯台を巡ってきました。

 第二回は和歌山にある紀伊日ノ御埼灯台を巡る予定ですが、しばらく先になりそうです。

 

 つづく。

 

youtu.be

次のツーリングのテーマ 『ニッポンの灯台を巡る旅』

 皆さん、こんばんわ! いかがお過ごしですか?

 

 すっかり出不精になった今日この頃です。

 

 関西ではまだまだバイクシーズンなんですが、この状況下で旅の計画はあまり進みませんね。

 

 今年は自粛期間我慢して、恒例の北海道と信州はツーリングできましたが、やはり体調を気にしての旅だっただけに、ちょっと楽しい旅だったとは言い難い気がします。

 

 ここ数日また感染数が急増している現状に、しばらくはバイクツーリングは控えておこうという感じです。

 

 話は変わりますが、私が大好きな作家、宮本輝さんの新刊『灯台からの響き』を読んでいると、主人公が日本の有名な灯台を旅するシーンが出てきます。そのリソースとなったのが、岡克己さん著書の『ニッポン灯台紀行』という本のようです。

 

 この本まだ入手できていませんが、これって旅のテーマにいいのではって考えてます。今年は特にテーマなく旅してましたので、何か張り合いがないって言うか、怠け気味の旅だったように感じます。

 

 昨年はBikeJinラリー帳のチェックポイントを巡る旅をしましたが、それはそれで完遂できればそれなりの達成感はありましたが、今年もやるか?って感じが残り、今年のラリー帳を見てやーめたってって感じでした。

 

 旅ってなんかミッションがあった方が張り合いが出て楽しいような気がしてます。それにはこの灯台を巡る旅っていい感じしません?

 

 私の好きな北海道にも五十選、百選に入る灯台がいくつもあるので、恒例の北海道ツーリングも行くことができるし、あまり行きたくない街中のチェックポイントはたぶんないだろうし、ちょっといいなーって思ってます。

 

 まーしばらくは旅に出れないだろうし、来シーズンかな?それまでたっぷり時間もあるので、ゆっくり計画を練ってみたいと思います。

 

 期限は定めない方がいいかなー?。東北北海道はキャンプツーリングで、来春からスタートしたいですね。四国九州はいつ頃かなー。今年は無理なんで、来秋かなって感じです。

 

 次年度以降のツーリング構想 つづく。

 

 

2020北海道ツーリング⑫ 最終日 締め括りはこの道で・・・。

 北海道旅も残すところあと1日となりました。

 

 美味しく朝食をいただいて、木理さんを出発します。

f:id:kazuyan55:20201104105545j:plain

 

 この日も雨予報だったんで、取り敢えずカッパ着て出発しました。こんな天気なんで最終日も温泉宿シリーズで行こうと、この日は十勝川温泉に宿を取りました。

 

 十勝川温泉といえばモール泉で有名ですが、昔一回だけ利用したことがあります。でも宿泊するのは初めてで、高級な温泉地と言うイメージがありましたが、比較的リーズナブルな価格設定になってました。

 

 標茶の木理さんから十勝川温泉まで、何日か前に抜けた道東道を使うルートが最短かなっと思いますが、一旅で何回も走るルートではなーって感じ、2日目に走った海沿いのルートで行くことにしました。

 

 木理さんを出て、国道391で南下し、釧路の外環道から国道38へ入ります。外環道から国道への信号でかなり渋滞していて、おまけに雨も降りだして、結構疲れました。

 

 このルートを選択した理由はもう一度この道を走りたかったからです。

f:id:kazuyan55:20201104110522j:plain

 道道1038

 

 ここはこんな荒れた天気の方が様になってます。毎年定点観測しているところで今旅では2回目となります。この荒涼とした感じが北海道らしくていいですね。

f:id:kazuyan55:20201104111138j:plain
f:id:kazuyan55:20201104111144j:plain
f:id:kazuyan55:20201104111150j:plain
f:id:kazuyan55:20201104111159j:plain

 

 また来年来てみたいと思います。

 

 さて、どこへ行くか、まだまだ時間があります。

 

 これも2017年に来た時に行った、十勝川護岸の道から大津漁港を経て長節湖の方へ行ってみます。天気も回復傾向です。

 

f:id:kazuyan55:20201104111556j:plain

 

 長節湖周辺はさけ釣りの人々の竿がずらーーーっと並んでいて、ちょっと異様な感じがしたので早々に退散しました。

 

 池田のワイン城で時間潰し、ベンチに座ってボーッとしてました。

f:id:kazuyan55:20201104112133j:plain

 

 ちょっと早かったんですが、ホテルに向かいます。

f:id:kazuyan55:20201104112234j:plain

 エントランス前の屋根のある所にバイクを停めさせて頂きました。

 

f:id:kazuyan55:20201104112355j:plain

 お部屋はこんな感じの和室でした。一人だと広く使えてまずまずでした。

 十勝川温泉大平原 旧館の安いプランで朝夕バイキングが付いて10,000円(Go toで6,500円)でした。

 バイキングは阿寒湖の方が豪華でしたね、でも温泉はこちらの方が良き湯でした。

f:id:kazuyan55:20201104113209j:plain

 到着して一風呂浴びれば編集作業に勤しみます。

 

 

一晩明けてフェリー乗船日、同じような曇り空です。

f:id:kazuyan55:20201104113839j:plain



 

 カッパ着て、苫小牧まで一気に走ります。こんな天候で日勝峠を越えるのは少し躊躇しましたが、高速は使いたくないので、雨の日勝峠に突っ込みました。

 

 峠を登るに従って、雨もガスも厳しくなりましたが、身の危険を感じるほどではなく無事峠越えできました。

 

 峠を越えるとまさかの青空でした。昨年もそうでしたが、今年のこの天気予報では青空はないなーって、思ってたのでびっくりしました。

 

 その後無料の日高自動車道に出て、苫小牧には昼過ぎに到着、毎年恒例のこちらで無事を祝しました。

f:id:kazuyan55:20201104114431j:plain

f:id:kazuyan55:20201104114459j:plain
f:id:kazuyan55:20201104114506j:plain

 

 その後、苫小牧FTから行きと同じ「きそ」に乗船して、二日後名古屋FTに到着しました。

f:id:kazuyan55:20201104114718j:plain
f:id:kazuyan55:20201104114814j:plain


 

 この二日間の船旅はもう慣れたものです。特に帰りは動画の編集に没頭しますので、あっと言う間に名古屋到着です。

f:id:kazuyan55:20201104115123j:plain
f:id:kazuyan55:20201104115148j:plain

 

f:id:kazuyan55:20201104114918j:plain



 今年の北海道ツーリングは何度も計画変更し、エイヤーでフェリーを予約してからも

不安が一杯でしたが、何とか無事に楽しく旅することができました。

 途中体調を崩すことを恐れて、キャンプは思うようにできなかったですが、暖かく迎えて下さった北海道の皆さんありがとうございました。

 また来年同じような旅ができればと思っています。

 

 終わり。。。

2020北海道ツーリング⑪ 定番の裏摩周コース

 旅後半は温泉宿でノンビリもいいなーって思いながら阿寒湖を後にします。

 

 さて、本日の宿泊は再び木理さんです。私と同じモトブロガーの方がこの日木理さんに宿泊するとツウィートされてたので、一度お会いしてみたくて私も木理さんに泊まることにしました。

 

 阿寒湖から標茶の木理さんへ、これまた近いですねー。真っ直ぐ行ったら90分ぐらいで着いちゃいそうです。と言うことで何処か回り道して行くしかありません。

 

 でもこのあたりって毎年何べんも来てるので、さすがに行ってみようと思うところがありません。天気も今一だし、寒いし、一日温泉にでも浸かっていようかと思いましたが、今日は味幸園なんでもったいないなーって感じです。

 

 天気予報を見てたら網走方面だけ少し天気が良いみたいなんで、裏摩周を抜けて、清里方面へ行ってみることにしました。

 

f:id:kazuyan55:20201103143209j:plain

 ペンケトウのところで記念撮影っていうか、あまりにも寒いのでバイクを停めました。

 

 道の駅摩周を通過して、弟子屈の街を抜けて、国道243から道道885へ入ります。この道のきれいな道ですね。

 

f:id:kazuyan55:20201103143655j:plain

 いつも忘れるモアン山のところで記念撮影、でもちょっと手前過ぎた。

 

f:id:kazuyan55:20201103143829j:plain

 裏摩周展望台到着。ここは人も少なくていいですね。おまけに車の駐車スペースに比べバイク用のスペースが広くて、バイクへの配慮がうかがえてうれしい。

 

f:id:kazuyan55:20201103144137j:plain

f:id:kazuyan55:20201103144208j:plain

 確かに網走方面の天気いい感じがします。


 神の子池は4kmのダートで苦労するのでパスして、サクラマスの滝へ向かいます。そういえばこの滝はしばらくきてないなーって思いながら走ってましたが、なかなかでてきません。

 

 あれっ見逃したかなーって思ってると看板発見。緑の街を越えたところにありました。こちらは駐車場だけがダートです。

f:id:kazuyan55:20201103144909j:plain

 しばらく見てましたが、サクラマスの姿は確認できませんでした。もう終わってますよね。

 

 それから清里方面へ走っていると、天候が急速に回復して、斜里岳がきれいに見えました。しばし休憩。

f:id:kazuyan55:20201103145134j:plain

 

 知床まで足を延ばすかとも思いましたが、天気がいいのはここだけのようで、小清水峠でも抜けて帰ることに。

 

 ドタ感で走っていると案の定間違えて、国道391の方を走って来ました。チャンチャン。

 

f:id:kazuyan55:20201103145552j:plain

 毎度のピーちゃんがお出迎え、味幸園でサッパリして、さぁ夕食です。

f:id:kazuyan55:20201103150005j:plain

 

 この日はモトブロガーさん(YouTubeでは・ネコカウで登録されてます)ともう一人You Tubeをよく見ているという若いライダーさんがいらして、You Tube談義で盛り上がりました。

 

 今旅も残すところあと1日となりました。

 

 つづく。

2020北海道ツーリング⑩ 寒い日は温泉宿でのんびり 阿寒湖畔温泉 ニュー阿寒ホテル 

 北見で焼肉を堪能して、さて何処に行く?

 

 実はここ数日、たぶん帰る日まで天気が芳しくないようで、おまけに2~3日はかなり寒いらしい。ということで比較的天気がましな道東方面の温泉宿を探します。

 

 明後日は木理さんに泊まることにしてるんで、川湯温泉はちょっと近すぎるし、1回泊まったこともあるのでパス。

 

 観光地の色彩が強く、普段ならあまり泊まろうと思わない阿寒湖畔温泉にしました。この時期外国人観光客もいないし、予約サイトで適当なプランがあったので、ニュー阿寒ホテルに予約しました。

 

 朝夕のバイキングと夕食の生ビール飲み放題が付いて10560円がGo toで6864円でした。

 

 それでは北見を出発します。阿寒湖までは割と近いんで、どこかで時間を潰していかないと、まずは陸別の道の駅を目指します。

 

 それにしても寒い寒い寒い!!!雨は降ってないもののどんよりとした曇り空です。これで雨でも降ってきたら最悪です。

f:id:kazuyan55:20201029145829j:plain

 この寒そうな風景もいいかとバイクを停めて写真をパチリ。

f:id:kazuyan55:20201029145940j:plain

 1週間前は30℃くらいあったのに・・・。

 陸別の道の駅で暖を取ります。

f:id:kazuyan55:20201029150245j:plain

f:id:kazuyan55:20201029150315j:plain

 ここが暖かい訳ないんで、こんな気温でした。

 

 

 道道で足寄はパスして、道の駅あいおいにやって来ました。

f:id:kazuyan55:20201029150518j:plain

 

 ここで昼食。蕎麦も有名ですよー、少し値は張りますが。

f:id:kazuyan55:20201029150624j:plain

    かしわそば 1200円

 ここは時間を潰せるものがたくさんあります。

f:id:kazuyan55:20201029150812j:plain

 

 まだ時間が早かったんですが、宿に向かいます。

 

 温泉街に到着しました。予約したホテル名を間違えて覚えていたので、宿が見つかりません。何度か往復して、改めてナビをセットしたら予約した宿の前にいました。

 

f:id:kazuyan55:20201029151224j:plain

 こんな感じで入り口横にバイクを停めさせていただきました。帰る時はバイクが7台停まってました。全員関東のNOでした。ライダーも来るんだって関心しました。まあ予約サイトで簡単に予約できるし、Go toで安くなってたしね。

 

f:id:kazuyan55:20201029151624j:plain

 お部屋はこんな感じ、旧館の安いプランにしました。

f:id:kazuyan55:20201029151750j:plain

 バイキングはこんな感じ、最終日に泊まった同様の価格帯の十勝川温泉の宿よりかはこちらの方のバイキングが品数も多く豪華でした。ただ貧乏性の私は飲みすぎ食べすぎでかなり苦しかったです。

 翌朝の朝食バイキングも写真はないですが、いくらが食べ放題だったんで、食べすぎました。翌日は昼飯抜きです。

 

f:id:kazuyan55:20201029152243j:plain

f:id:kazuyan55:20201029152253j:plain

 翌朝の夜明け前の窓からの景色、眺望は抜群でした。

 

 温泉はまずまずといった感じですかね。屋上に大きな温泉プールみたいなのがありましたが、備え付けのパンツをはかないといけないみたいで入りませんでした。

 

 翌日は再び木理さんです。

 

 つづく。

 

 

2020北海道ツーリング⑨ 北見で焼肉を食らう!

 能取岬から北見まではそんなに遠くありませんが、国道をぬけると少し遠回りのようなので、適当に方向感だけで走ってみました。そうすると見事ドンピシャ北見の手前の国道に抜けました。

 

 今宵の宿は街中にある東和ホテル、洗濯付きのライダープランっちゅうのがあり気に入りました。プランの内容よりもライダー向けのプランがあるということは少なくともライダーがウェルカムということなんで・・・。

 

 街中のビジホだと果たしてバイクが停めれるかどうかが気になります。予約サイトにはその情報はないし、電話して聞くのも邪魔くさいしね。大型バイクだと、それを想定していないことが過去あって、街中のビジホは特に気になります。

 

f:id:kazuyan55:20201025100539j:plain

 今回の東和ホテル、一応ナビをセットして向かいましたが、カラフルな外観なんですぐにわかりました。動画でも見たことありましたし、バイクはご覧のように、屋根は無かったものの、ホテル裏の広いスペースに停めることができました。

 

 ホテルに到着して、まずは溜った洗濯ものを、無料の洗濯機で洗います。ちなみにバイクの横にある白い箱が無料の洗濯機です。乾燥機はホテル内(有料)にありました。

 

 さて、洗濯が終われば待望の焼肉へと向かいます。この時北見ではこんなキャンペーン(来年の3月31日まで)をやってまして、提携の16店舗で2000円のセットメニューが頂けるとのこと。

f:id:kazuyan55:20201025101606j:plain

 まずは焼肉店を予約して、ホテルのフロントでクーポン(2000円)を購入します。つまり提携ホテルに宿泊することが前提になります。

 

 私が予約したのはこちら

f:id:kazuyan55:20201025102312j:plain

味覚園総本店

 クーポンの内容はお店によってかなり違うようです。私が行ったここは高級店ぽっかったんで、肉も上等な感じでした。その分ちょっと量が控え目でした。これに生ビール一杯付きましたが、生ビールとレバーとご飯を追加して1300円ほど追加支払いでした。

 

 北見は大きな街で、ホテルもたくさんあって、焼肉やラーメンなど夜の街も楽しめて、また行ってみたいというかまた泊まってみたいと思う街でした。

 

 17日の最終日まで天気予報があまり芳しくありません。かろうじて道東の一部のみ雨マークが少ないようです。更に気温も低く一気に冬(関西)になったような天候です。

 

 と言う訳で、明日のような寒い日は温泉宿でのんびりシリーズとなりました。

 

続く。

 

 

 

2020北海道ツーリング⑧ 滝の上渓谷公園キャンプ場~サンゴ草~能取岬

 滝の上に陣取って、一夜が明けました。昨日から急に寒くなりました。夜の冷え込みが心配でしたが、何とか乗り切れました。湯たんぽ効果は大きいですね。

 

f:id:kazuyan55:20201022143453j:plain

 

 この日は土曜日で駐車場はご覧の通り朝から満車状態です。地元の人がパークゴルフに来られてます。

 

 雨は降ってないようですが、どんより曇っていて、風もあり肌寒く感じます。朝飯食って、さあやることが無くなりました。いつもなら近くの渚滑川へ釣りに出かけるのですが、今年は釣り道具も持ってこなかったんで、それもできず、バイクで出かけるにしてもさて何処?

 

 結局、テントで本を読んでいたら、結構な昼寝をしてしまいました。昼から少し日差しがあるものの、風が冷たく何処へも行く気が起きず、テントでグダグダして過ごしました。

 

 夕方になって、いつものホテル渓谷の日帰り入浴を入りに向かいます。夕食の買い出しも邪魔くさかったので、ホテル渓谷のレストランで済まそうと、入浴後ロビーでレストランが開くのを待ってました。

f:id:kazuyan55:20201022145047j:plain

 

 レストランが開店する5:30まで待って、レストランに向かうと、何やら満席の表示が、宿泊客が多くて食事出来ないとのこと。Go toの恩恵でしょうか、土曜日は要注意です。

 

 ロビーで待つ前に聞いておくべきでした。今までこんなことは無かったのでショックです。ビールを飲んじゃったので買い出しにも行けず、仕方なく1.5km歩いて、セコマまで行くしかないようです。

 

f:id:kazuyan55:20201022150104j:plain

 

 温かいはずのホットシェフがキャンプ場に戻ったら冷たくなってました。

 

f:id:kazuyan55:20201022150331j:plain

 この日の焚火は湿った薪しか見当たらなかったのでショボい感じです。

 

 翌朝、食べるものが全然ないと思ってたら、車中泊している人から、とうきびとトマトをいただきました。

f:id:kazuyan55:20201022150615j:plain

 

 この日は朝から日差しもあって、まずまず暖かいです。でも夜は冷え込みますし、体調を崩したら厄介なんで、キャンプはこれで最終とすることにしました。

 

 と言う訳で、この日は北見に宿を取り焼肉を食すことにしました。いい感じで日差しがあったんで、テント類を完全に乾かしながら、のんびり撤収します。

f:id:kazuyan55:20201022151657j:plain

 

 北見まで真っ直ぐ行くとすぐに着くので、能取湖のサンゴ草や能取岬を巡って行くことにしました。

f:id:kazuyan55:20201022151933j:plain

 お昼はこれ!北勝水産のホタテバーガー!カレーもありかとちょっと迷いましたが。

 

 サンゴ草の群生地は何処かなって走ってると、たくさんの車は入っていってたのですぐわかりました。結構な人です。この日は日曜日でした。

f:id:kazuyan55:20201022152255j:plain

f:id:kazuyan55:20201022152302j:plain

 まだ見頃のようでしたが、人が多すぎて早々に退散しました。

 

 つづいて能取岬に向かいます。道道76をサロマ湖側から能取岬に向かう道もとてもきれいで、岬の取り付け道路もきれいですが、岬の手前のこの道道76もすきな道の1つです。

f:id:kazuyan55:20201022152940j:plain

 ここも観光バスが4台ぐらいいたので、写真だけ撮って早々に退散しました。

 

 

 焼き肉食べに北見へ向かいます。

 

 つづく。